So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

菜虫蝶と化す [日刊☆こよみのページ]

□菜虫蝶と化す
 3/15~3/19(2020年の日付)は、七十二候の「菜虫蝶と化す」の期間です。「菜虫(なむし)蝶と化す」は二十四節気の啓蟄の末候。地中から虫たちが姿を現し始める啓蟄の期間の終わりには、地中から姿を現した虫が、蝶になってゆくのですね。もっとも、蝶にかわる青虫などは土から出てくるわけではありませんけれど。この間の日曜日に、車を走らせていたら、道路わきの畑が黄色に染まっていました。菜の花畑です。もう菜の花の季節なんですね。私の子供時代の記憶からすると、蝶がひらひらと舞う季節というのはもう少し先のような気もしますが、菜の花も咲いているとなれば、早起きで働き者の虫はもう蝶となって、菜の花畑を飛び回っているのかも知れません。

◇夢見鳥(ゆめみどり)
 菜虫から姿を変えた蝶は、またの名を「夢見鳥」ともいいます。「夢見鳥」の名は、荘周胡蝶の夢の故事に由来します。昔、荘周(荘子)が夢の中で蝶となり、花と花の間を楽しく飛び回った。蝶となって花々の間を飛び回っている間、荘周は蝶そのものであって、人間の荘周が夢で見た存在だとは思いもしなかった。夢から覚めて、荘周は自分が人間であったと思い出したが、そこでふと疑問が湧いた。夢の中で蝶であったとき、自分は蝶そのもので、人間の夢の中の存在だなととは露ほども思わなかった。今、夢から覚めた自分は人間だと思っているが、それは本当だろうか。もしかしたら、人間荘周だと思っている自分は、蝶の見た夢の中の存在なのかも知れないと。辛いことも楽しいこともありながら、 1/2世紀以上も生きてきたと思っている私の人生も、もしかしたら菜の花にとまって、ウトウトしている蝶の見た長い夢なのかも知れません(鳥に食べられないよう注意しないと?)。

◇「菜虫蝶と化す」時期は?
 七十二候の「菜虫蝶と化す」の期間は、今年は3/15~3/19の間ですが、実際の蝶と化す時期は?1995年に出版された「気候図ものがたり」という本に、気象庁のモンシロチョウの初見の日付が書かれています。その日付によれば、

  鹿児島 3/6 , 福岡 3/16 , 高知 3/8 , 鳥取 3/25 , 広島 3/17 ,大阪 3/31 , 京都 3/26 , 名古屋 3/27 ,   長野 4/3 , 前橋 3/30 ,新潟 4/9 , 仙台 4/5 , 青森 4/22 , 札幌 4/26

 だとか。なるほど、七十二候の「菜虫蝶と化す」の日付は、実際の蝶(ここではモンシロチョウ)の初見の日付と合致しているといってもよさそうです。

◇暦の上の季節感と個人の季節感
 先に、個人的体験では蝶がひらひら舞う季節というのはもう少し先のような気がしますとしましたが、私の生まれは福島県ですので、それに近い仙台のモンシロチョウの初見の日を見ると、 4/5。暦の「菜虫蝶と化す」の時期と、私の感覚がずれているのは、私の感覚が子供時代を過ごした東北の気候にあわせて形作られたものだからのようです。みなさんの感覚での蝶の舞う季節は、七十二候の「菜虫蝶と化す」と合致していますか?(「2020/03/18 号 (No.4918)」の抜粋文)
nice!(0)  コメント(0) 

暑さ寒さも彼岸まで [日刊☆こよみのページ]

□暑さ寒さも彼岸まで
 春ならば余寒の寒さも薄らぎ春らしくなり、秋ならば残暑もしのぎやすくなる時期であると昔から言い習わされて来た言葉です。先週の土曜日には、余寒というにはあまりに厳しい寒さが、雪を伴ってやってきて、冬も終わりだなと油断していた私は驚きました。そして、それから2日しか経っていない今日は彼岸の入り。あの寒さが嘘のような穏やかな、早春の朝でした。「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉通り、彼岸にあわせて春の温もりが訪れたかのようです。彼岸が春と秋にあり、この言葉も春の彼岸、秋の彼岸を同等に扱った言葉なのですが、春と秋の彼岸ではその気温の数値は大きく違います。東京の例年の月平均気温で見ると春の彼岸の頃の気温は摂氏8度ほど。これに対して秋の彼岸の頃の気温は23度ほど。15度の気温差といえばかなりのものですが、我々の感じる暑さと寒さには多分に「慣れ」の問題があって、温度計の示す気温とは違っているということを如実に示しているようです。人間の「慣れ」の偉大さに感心はしますが、慣れるとはいえ寒いものは寒いということで、寒さが遠のいてくれるのはうれしいです。もう、先週末のような寒さが来ませんようにと願う私でした。(「2020/03/17 号 (No.4917)」の抜粋文)

nice!(0)  コメント(0) 

【余寒】(よかん) [日刊☆こよみのページ]

【余寒】(よかん)
 立春後の寒気。寒があけてもまだ残る寒さ。残寒。春の季語。 《広辞苑・第六版》

 余寒は元々は漢詩から出た言葉だそうです。立秋を過ぎても夏の暑さがひかないことを「残暑」と言いますが、それと対になるのがこの「余寒」です。余寒と同じような使い方をする季語としては「春寒(はるさむ)」などがありますが余寒の方が余程寒い感じがするのは、「春」の一文字が姿を見せないからでしょうか。うっかりすると冬の言葉かと思ってしまいそうです。暑さ寒さも彼岸までと云われる彼岸が目前のこの時期なのに、昨日の東京はとても寒い一日でした。驚いたことに、今年は真冬でもほとんど見ることのなかった雪まで降り出すほど。さすがにこの時期の雪は地上に落ちても融けてしまって積もることはありませんでしたが、勢いはなかなかでした。木蓮や桜の花が咲き始め得、いよいよ春だなと思った矢先の寒さ。寒の余りと一言で片付けるには、少々きつすぎる寒さ。この冬は暖冬と言われていましたので、今年の冬は「寒」は随分余っていたのでしょうか?昨日の雪の降る寒さで、余っていた「寒」を使い切って、後は暖かくなるだけとなってくれたらよいと切に願う私です。(「2020/03/15 号 (No.4915) 」の抜粋文)

nice!(0)  コメント(0) 

埋め草の記 - 「猫草」と呼ばれる草の話を知りました。

■埋め草の記 (「編集後記」のようなもの)
 「猫草」と呼ばれる草の話を知りました。始めに聞いた時には、ネコジャラシのような、猫の遊び道具になる草のことかと思ったのですが、そうではなくて猫が食べる草のことだそうです。教えてくれたのは仕事仲間。長年猫を飼っている人。

  猫が草を食べる?

 半信半疑でしたが、インターネットで「猫草」で検索すると、沢山の画像や説明が出てきました。画像の中には、「むしゃむしゃ」と草を食べている猫の写真もありました。それを見ると、ちょこっと、つまんでみました。という感じではありません。かなりしっかり食べるんですね。猫に食べさせるために「猫草」として売られている(鉢植え)ものもあるようです。知らなかった。前出の仕事仲間の話では、猫草の鉢植えを置いておくと、いつの間にか、刈り取られたかのように葉の上部が食べられてゆくのだとか。インターネットで見つけた説明によれば、主にイネ科の植物の若い葉を猫は好んで食べるのだとか。猫の全部が全部ではないようで、あまり興味のない猫もいるようですが、猫にだって、好き嫌いはあるでしょうから、その辺は理解できます(人間も食べ物の好き嫌い、ありますからね。反省)。販売されている「猫草」は主に燕麦(エンバク)とのこと。燕麦は穀物として栽培される植物ですが、これ自体をよく見たことがありません。ただ、燕麦の野生種といわれる烏麦(カラスムギ)なら、その辺の野原、河原でよく見かけますので、どんな草なのかはわかります。主に肉食の猫でも、たまには繊維質の草も食べないと消化不良でも起こすのかな?猫がこの草をむしゃむしゃ食べているところ、見てみたいものです。Youtubeでも探せば、結構あるかな?今夜、覚えていたら検索してみよう。(「2020/03/13 号 (No.4913)」の抜粋文)
nice!(0)  コメント(0) 

【桃】(もも)

【桃】(もも)
 1.バラ科の落葉小高木。中国原産。葉は披針形。4月頃、淡紅または白色の五弁花を開く。
  果実は大形球形で美味。古くから日本に栽培、邪気を払う力があるとされた。
  白桃・水蜜桃のほかに、皮に毛のないツバイモモ(アブラモモ)、果肉
  が黄色の黄桃(おうとう)、扁平な蟠桃(はんとう)、観賞用の花モモ
  など品種が多い。仁・葉は薬用。「桃の花」は春の季語、「桃の実」は秋の季語。
  万葉集19「春の苑紅にほふ桃の花下照る道に出で立つをとめ」
 2.木綿きわたの実。
 3.襲(かさね)の色目。表は紅、裏は紅梅。また、表は白、裏は紅。
  一説に、表は薄紅、中陪なかべは白、裏は萌葱もえぎ。3月頃用いる。
 4.紋所の名。桃の実や花をかたどったもの。
      《広辞苑・第六版》

 七十二候の八番目、啓蟄の次候は「桃始めて咲く」。時期としては、3/10頃です。今年は3/10~14の期間ですので、そろそろ書いておかないと書く時期を逸してしまうと、本日は慌てて「桃」という言葉を取り上げています(こよみのページ的裏事情でした)。桃の花は、梅、桜と並び春を代表する花。私の中では梅が咲いて桜が咲いて、日差しも和らいだ頃に咲くのが桃の花というイメージがあります。そのイメージからすると桃の花の咲くのはもう少し後ということになるのですが、「始めて咲く」ということですから、ぼんやりしている私が気づかないどこかで、咲き始めた花があるのでしょうね。中国では桃には邪気を祓う霊力があると信じられていました。上巳の節供に桃の花を飾り桃酒を飲むのもそうした桃の霊力によって、邪気を遠ざけるためなのです。伊弉諾尊(いざなぎのみこと)が黄泉平坂(よもつひらさか)で追ってくる黄泉の国の鬼女を追い払うために桃の実を投げつけたというのも、桃には霊力があると考えていた証なのでしょう。桃の花が何処かで咲き始めれば、きっと邪気と寒い冬を遠ざけ、幸いと暖かい春を呼び寄せてくれることでしょう。桃の花の咲く暖かい季節が早く来るといいですね。(「2020/03/13 号 (No.4913)」の抜粋文)

nice!(0)  コメント(0) 

啓蟄の日・雑感 [日刊☆こよみのページ]

■啓蟄の日・雑感
 今日(2020/3/5)は二十四節気の一つ啓蟄です。七十二候で啓蟄の初候は「巣籠もりの虫戸を開く」となります。この七十二候は「蟄虫戸を啓く」という中国から伝わった時の言葉を日本風に書き直したもので、中身は同じ。土の中で冬を過ごしていた虫たちが活動を始める時期という意味です。蟄虫戸を啓くといえば、七十二候にはこれと対となる言葉があります。

  蟄虫戸を閉ざす(虫かくれて戸をふさぐ)

 ()の中の言葉は、こちらも日本風に書き直したものです。では今日、戸を開いて出てきた虫たちが戸を閉ざして眠りについた「蟄虫戸を閉ざす」はいつかというと、昨年の9/28です。本当に「蟄虫戸を閉ざす」から「蟄虫戸を啓く」まで虫が地中に隠れていたとするとその日数は159日。一年の43~4%。いいなー、長い休み。虫たちにしたら、活動できる期間が長いほうが嬉しいのかもしれないので、怠け者の判断で長い休みを羨むのは正しくないかもしれませんが。と、怠け者的な羨望の言葉を書いたところで、少しだけ冷静に考えてみるとこの割合って、1週間に置き換えてみると3日程度。現在は週休2日というところがかなり増えてきている(私もその口)でしょうし、その週休日以外に祝日や盆・正月などの事実上の休日も結構ありますから、そうした日数も足し合わせると私たちも同じくらいに休んでいるみたいですね。ちなみに、今年2020年の祝日+振替休日の日数は18日。振替休日があるということは日曜日に重なる祝日が2つ(2/23の天皇誕生日と5/3の憲法記念日)ありますので、これを差し引くと16日、祝日によって休日があることになります。もっとも、祝日が休日とはならない方も大勢いらっしゃるとはおもいますが。

 ※参考「現在の日本の祝日日付一覧計算」 http://koyomi8.com/sub/syukujitsu_table.htm

 七十二候の「蟄虫戸を啓く」と「蟄虫戸を閉ざす」という言葉は、元をたどれば中国の内陸部生まれ。日本よりも大分平均気温の低い地域です。どれくらい違うかを平均気温で比べてみると

   9/28頃 太原市:13~14℃  東京:21~ 22℃
   3/05頃 太原市: 1~ 2℃  東京: 7~ 8℃

 6度~8度も違います。こんなに寒いなら、長い冬休みが欲しい虫たちの気持ちはよくわかります。ここよりも大分暖かい日本で暮らす虫たちの休みはもっと短いかもしれませんね。日本の虫たちは我々にも完全週休二日相当の冬休みを!なんて具合に、週休二日制が普及してきている人間達をうらやんでいるかもしれませんね(虫たちは働き者だから、そんなこと言わないかな?)。さて、本日は「巣籠もりの虫戸を開く」の日。冬の間姿を隠していた虫たちの姿がそろそろみられるでしょうか。今はまだ、木々の葉は落ちているし、草の葉も枯れたままで隠れる場所が少ないですから、暖かくなったな~なんて無防備に日向ぼっこなどしていると、鳥さんたちのご飯になってしまいますから虫さん方、気を付けてくださいね。(「2020/03/05 号 (No.4905) 」の抜粋文)


nice!(0)  コメント(0) 

【雨水】(うすい) [日刊☆こよみのページ]

【雨水】(うすい)
 1.あまみず。
 2.二十四節気の一つ。太陽の黄経が330度の時で、正月の中(ちゅう)。
  太陽暦の 2月19日頃に当たる。 《広辞苑・第六版》

 今回、日刊☆こよみのページのコトノハでわざわざこの言葉を取り上げたことを考えると、私の狙いは広辞苑の説明の 1を期待してのこととは思われないと思います。そのとおり、期待している説明は 2です。期待した広辞苑の 2の説明でしたが、私の期待の割にはその説明は思いの外「あっさり」でありましたので少々不満。それなのでもう一つの説明をひいてきました。

【雨水】旧暦正月寅(とら)の月の中気、新暦 2月19日頃。天文学的には、太陽が黄経 330度に達したときをいう。雨水とは、「雪が雨に変わる」「今まで降った雪や氷が解けて水となる」という意味で、この頃になると水もぬるみ、草木の発芽が促され、萌芽の兆(きざし)が見えてくる。しかしそのいっぽうで、春先の大雪が降ることもある。なお、昔から農耕の準備はこの雨水が目安とされてきた。春の季語。《暦ことば辞典》

 そう、これくらい書いてくれると助かりますね。どちらの説明にもありましたとおり、この「雨水」は旧暦の正月中気。旧暦の暦月の名前はその暦月の期間中に含まれる二十四節気の中気で決まりますから、この雨水が含まれる暦月が、旧暦においては「正月」と呼ばれることになります。今年(西暦2020年)の雨水は明日、2/19です。ご存じのとおり、太陰太陽暦である旧暦の暦月は新月の日に始まり次の新月の日の前日に終わります。この区切りで見ると今年の雨水の日を含む旧暦の暦月の期間は、新暦の日付では1/25~2/23の期間となります。この頃になれば寒かった冬もそろそろ終わり。その頃に登場する「雪が雨に変わる頃」である雨水を含む月が旧暦では正月であったことから、私たちの感じる四季の始まり(春の始まり)と旧暦の一年の始まりはほぼ同じ時期といえます。このためでしょう、「旧暦は季節の巡りとよくあう」と考えられています。「大体はね」という程度であればそれも正解です。ただ、「大体あっている」ことが「旧暦は正確に季節の巡りを表すように作られている暦」という誤解を生む結果ともなっていて、頭の痛いところでもありますけれど・・・。暦の上ではぼちぼち雪が雨に変わる頃。草木の目覚めを促す優しい春の雨が降る季節が巡ってきます。(「2020/02/18 号 (No.4889) 」の抜粋文)
nice!(0)  コメント(0) 

【大葉子・車前】(おおばこ) [日刊☆こよみのページ]

【大葉子・車前】(おおばこ)
 オオバコ科の多年草。アジア各地に広く分布。踏まれても強く、原野・路傍に普通の雑草。葉は根生。夏、花茎上に白色の小花を穂状につけ、さく(草冠に朔)果を結ぶ。葉は利尿剤・胃薬、種子は漢方生薬の車前子(しゃぜんし)で利尿・鎮咳剤。また、トウオオバコ、高山性のハクサンオオバコ、帰化植物のヘラオオバコなどの総称。カエルバ。オバコ。オンバコ。秋の季語。「車前草(おおばこ)の花」は夏の季語。 《広辞苑・第六版》

 「車前」という文字を見て、すぐに「おおばこ」と読める人はどれくらいいるでしょう。私はもちろん、参りましたと白旗を揚げる読めない方の一人です。それにしてもなぜ「車前」でオオバコと読むのか?オオバコは和名で大きな葉っぱを持った草というところから「大葉子」と書きます。これに対して「車前」は漢名。つまり車前と書いてオオバコと読むのは、漢名を和名に意訳して読んでいるわけです。意訳じゃ読めなくとも仕方がないでしょう(自己弁護)。しかし、「車前」がオオバコという植物だとわかると、なるほどそうかと肯いてしまいます。和名の大葉子はその姿形から生まれた言葉であるのに対して漢名の車前は、この草が踏み固められた硬い土(道や運動場など)に好んで生えることから、その生育環境を表して名付けられたものなのでしょう。車が行き交う道の硬い土の上に生える草ということです。オオバコは踏んづけられても踏んづけられても生えるというか、踏んづけられそうな場所をわざわざ選んで生えるような草です。雑草の中の雑草とも云えます。なぜこんな場所を好んでいるかというと、これがオオバコの生息域を広げる戦略と関係しています。オオバコの実はネバネバした物質に覆われていて、道を通る人の靴底や動物の足、はたまた自動車のタイヤなどがオオバコを踏みつける、その足の底などにちゃっかり自分の実を張り付けさせて、遠くまで運んでもらうというのがその戦略。自分自身では動けない植物の賢い移動方法です。そんなわけでオオバコは自分の実を遠くまで運んでくれる、道を歩く人(の靴底)が大好き。人間好きの植物なんです。

◇蛙に災難を招く草?
 オオバコの異称の一つ、カエルバは「蛙葉」のこと。私の生まれ故郷では「ゲーロッパ」と呼んでいました。これはたぶん、「カエルバ」がなまったものでしょうね。オオバコが蛙葉と呼ばれるのは、オオバコの葉にも茎にも実にも薬効がある薬草だからです。オオバコの葉で包めば死んだ蛙も生き返るほどだということです。もちろんこの葉っぱの薬効がいかほどあろうとも、死んでしまった蛙が生き返えろうはずはありません。こんな話があるがためでしょうか、所によってはわざと蛙を殺してこの葉っぱで包んで生き返るか試してみるといった遊びが有るとか無いとか。子供の無邪気さを表すような話ですが、無邪気は時に残酷なものです。「蛙葉」は蛙の文字を冠したオオバコの異称ですがこの呼び名のために、子供に命を狙われるとしたら、蛙にとってはオオバコは迷惑千万な、災難を招く困った草なのかも知れません。でも、これはオオバコのせいじゃありませんから、蛙さん、恨まないで。

◇ドイツでは「道の見張り」
 ちょっと迷惑なオオバコの異称を紹介しましたが、このままではオオバコにあらぬ汚名がついてしまいそう(?)なので、もう一つ異称を紹介します。紹介するのはドイツでのオオバコの異称、「道の見張り」。謂われは「名誉を得て帰る私を、城門の前のオークの木の下で待っていてくれ」という言葉を残して戦いに赴いた騎士とその妻にまつわる物語です。騎士は戦いからついに帰りませんでしたが、妻は帰らぬ夫を来る日も来る日も約束の木の下で待ち続けました。そしてその妻もついに天に召され、誰もいなくなったオークの木の下に、オオバコが生えました。人々は、夫の帰りを待ち続け、オークの木の下に立ち続けた妻を偲んで、木の下に生えたオオバコを「道の見張り」と呼んだのがこの異称だとか。こんな話を知ると、道端のオオバコを見る目もちょっとかわりますよね?最後はオオバコの名誉回復のための話でした。オオバコには、知ったことではないことかもしれませんけれど。(「2020/02/14 号 (No.4885)」の抜粋文)
nice!(0)  コメント(0) 

【探梅】(たんばい) [日刊☆こよみのページ]

【探梅】(たんばい)
 (早咲きの)梅の花を探して見あるくこと。冬の季語。 《広辞苑・第六判》

 まだ冬のうちに早咲きの梅を野山に探すことを「探梅」といいます。これを冬の季語としたのは芭蕉だとか。「探梅」の語は、元々は中国で生まれた言葉で、漢詩にもたびたび現れる言葉です。南宋(12~13世紀頃)の詩人、陸游(りくゆう)にも探梅という題の歌がありますから、この言葉が大分古くからあったことが判ります。中国では、庭や梅園の花を愛でる場合を「観梅」といい、山野に咲く梅を探す場合を「探梅」と使ったようで、必ずしも冬の時期と限ってはいなかったようです。日本においては、梅は中国から輸入された植物で、基本的に「野生の梅」がありませんでしたから、中国風に言えばみんな「観梅」になってしまうわけです。そのため、梅を探すという先が、梅の生える場所から、梅の花の咲く時期に変化したのではないでしょうか。現在では庭や梅園にしかなかったはずの梅が、少しずつ山野に広がって野生の梅となっているので、山野に探すと云う使い方も出来ると思います。まあ、庭に咲こうが、山野に咲こうが、梅は美しく香りも高い花ですので、少しでも早くその花を見つけたいという気持ちは同じでしょう。立春も近づき、梅の花も咲く季節となってきました。昼休みにでも、散歩しながら梅の花を探してみようかな?(「2020/01/27 号 (No.4867) 」の抜粋文)
nice!(0)  コメント(0) 

【玄冬】(げんとう) [日刊☆こよみのページ]

【玄冬】(げんとう)
 (古くはケントウ。「玄」は黒、五行説では冬にあてる)冬の異称。冬の季語。
 平家物語灌頂「玄冬素雪のさむき夜は褄を重ねて」 《広辞苑・第六版》

 広辞苑の説明にあるとおり、「玄」は黒を現す文字です。五行説では四季にはそれぞれ次のように色が配されています。

  春は青 (青春)  夏は赤 (朱夏)  秋は白 (白秋) 冬は黒 (玄冬)

 ()内は、この色と組み合わせて季節を表現した呼び名です。ちなみに五行なのでもう一色(黄)あるはずですが、こちらは四季に当てはめることが出来ないので、四季それぞれのお終いにある土用の期間にこの色が割り当てられることになっています。五行説の「玄」は、方位では北を表します。北の方角には玄武という胴体は亀で頭と尻尾は蛇の姿をした神獣がいて、この方向を守護していると考えられています。冬はこの北の玄武の気が強い季節ですから、北から寒気が押し寄せて寒い季節となると考えたのでしょう。ただ、玄武の気が強い季節はただ寒いだけの季節ではありません。新たな四季の巡りの準備をする季節でもあります。方向では北を季節では冬を司る神獣、玄武はまた水を司る神でもあります。水はすべての生き物が生きていくために無くてはならないものです。冬の草木は地上では枯れはてて、まるで死んでしまったようですが地中ではこの水の気の力を吸収し、冬に続く季節、春には新しい緑の葉を延ばして行くと考えられます。寒く辛いだけの季節と思われがちな冬ですが、目に見えないところで様々なことが行われる大切な季節です。目に見えないところで重要な働きをするとは、さすが玄人の玄の文字を冠した季節、玄人好み(?)の季節ですね。(「2020/01/13 号 (No.4853) 」の抜粋文)

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -